土曜日 , 20 10月 2018
Home » Android » スマートフォンFuntouch OSってどんなOS

スマートフォンFuntouch OSってどんなOS

世の中で知られているのは主に、symbian、Linux、Palm、BlackBerry、Windows Mobile、Android、Mac osのOSではないでしょうか。

しかし、最近、中国VIVOメーカーは「Funtouch OS」を使用した最新機種「X6」と「X6plus」を発表した。

日本市場ではお目にかかれないので、VIVOの最近2機種について紹介してみたいと思います。

VIVO X6
VIVO X6(表)
VIVO X6(裏)
VIVO X6(裏)

違和感ありありの「VIVO X6」。表は「Galaxy」?裏は「iPhone」?そしてロゴは「VAIO」?

 

使用OSは「Funtouch OS」、初めて耳にする人も少なくはないでしょ。「Funtouch OS」は「Android」を元に開発されたVIVOメーカー独自OSである。「Funtouch OS」が世に出たのは一年前、当初の1.0から1.2、それから1.2から現在では2.1へとバージョンアップしている「Funtouch OS」。Funtouch OSはAndroidを元に改良されたUIであった。

Funtouch OS
Funtouch OS

基本スペック

X6 X6plus
容量 CPU:1.7GHz

ROM:32G

RAM:4G

 

 CPU:1.7GHz

ROM:64G

RAM:4G

 

 CPU:1.7GHz

ROM:64G

RAM:4G

容量拡張出来ない。

電池取外し出来ない。

ディスプレイ  

 

 

 

 

 

 約 5.2インチ

FHD Super AMOLED

解像度:1920X1080ピクセル

  

 


 

 

約 5.7インチ

Super AMOLED

解像度:1920X1080ピクセル

重量とサイズ 高さ:147.9mm
幅:73.75mm
厚さ:6.56mm
重量:135.5g
高さ:158.16mm

幅:79.94mm

厚さ7.7mm

重量:190g

ワイヤレス通信 2G:GSM 850/900/1800/1900
3G:WCDMA 850/900/1900/2100
3G:TD-SCDMA 1880/2010
4G:TD-LTE B38/39/40/41
4G:FDD-LTE B1/3WIFI、IEEE 802.11 b/g/n、GPSWLAN、Bluetooth4.0、OTG
  

 

 

OS  Android OS 5.1

Funtouch OS 2.5

 

 Android OS 5.0 
カメラ

 前:約 800万画素

後:約 1300万画素

 

 

バッテリー  2400mAh  4000mAh
SIMカード

 Micro-SIM

nano-SIM/TF

 

SIMカード二枚同時使用可能

 

価格

2350元(約4万円)

2600元(約4万5000円) 3000元(約5万2000円)

 

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
スマートフォンFuntouch OSってどんなOSこの記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。