月曜日 , 28 5月 2018
Home » 軍事 » 中国ー解放軍爆撃機 20機35時間飛行

中国ー解放軍爆撃機 20機35時間飛行

18日の『解放軍報』によると、中国空軍の20機爆撃機が大編隊を組みながら四つの基地、6つの空港を経由し、延べ35時間飛行し、低空、超低空飛行を行い、約1万キロの飛行訓練を行ったことを明らかにした。

今回の大編隊による飛行訓練は、主に三つの特徴を意味する。

第一、35時間の飛行は、昼夜問わず飛行し、6つの空港での離着陸は飛行士にとっても試練であり、技術の高さを物語っている。全飛行距離は約1万キロ、飛行時間は20時間を超えた。

第二、低空飛行は千キロ以上、超低空飛行時間は1.5時間。操縦士に必要とする難易度の高い技術が求められる。

第三、、構成や隊形並びに4つの基地に6つの空港の編隊飛行には一個師団級(約1万人以上)レベルの訓練となる、

今回の爆撃機による大編隊は中国空軍にとっても初の任務遂行システム運用の訓練となっている。

解放軍爆撃機
解放軍爆撃機
解放軍爆撃機
解放軍爆撃機
解放軍爆撃機
解放軍爆撃機
twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー解放軍爆撃機 20機35時間飛行この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー東北三省の放射線量数値公開 北朝鮮水爆実験 

9月3日午後4時の東北国境付近 …