月曜日 , 20 11月 2017
Home » 軍事 » 北朝鮮ー日本が公開した中距離弾道ミサイルの落下地点は違うのはなぜ

北朝鮮ー日本が公開した中距離弾道ミサイルの落下地点は違うのはなぜ

8月29日、午前5時58分ごろ北朝鮮西岸から発射されたミサイルは、北海道・襟裳岬の上空を通過し午前6時12分ごろに岬の東約1180キロの太平洋上に落下したと発表している。

ところが、海外メディアが報告している弾頭ミサイルの飛行ルートと日本が発表した飛行ルートに相違点があるように感じる。

日本政府が発表した弾頭ミサイルの飛行ルート

海外メディアが発表した弾頭ミサイルの飛行ルート

二つのルートを比べてみると、発表された内容には大きな違いが見える。

国民の生命を左右する緊急事態に、正確な弾頭ミサイルの飛行ルートさえも正確に公表出来ない日本政府に対し、恐怖すら感じる。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
北朝鮮ー日本が公開した中距離弾道ミサイルの落下地点は違うのはなぜこの記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。