水曜日 , 21 2月 2018
Home » iOS » iCloudバックアップは安全ではない なぜ?

iCloudバックアップは安全ではない なぜ?

ネット上で米連邦捜査局(FBI)が米Appleに対し「iPhone」ロック解除問題で意見が割れている中、本当にロック解除以外にデータを取り出すことは出来ないのか!

確かに「iPhone」のセキュリティ上iOSのロック解除は無理のようだが、では「iCloud」のバックアップ機能に関して誰も触れていない。

Apple社にとって「iCloud」にバックアップされた大部分のデータを解読することは可能なはずだ。「iCloud」バックアップ機能には、 iMessages とテキストデータがあり、その中に買物履歴、写真、動画、端末情報、応用アプリ、音声パスワードやCapzule PHRが含まれている。

更に中には、容易にダウンロード可能な情報もある。例えば、サーバー及び応用アプリ内のメール。まれにiCloud keychain、Wi-Fiパスワードやその他のパスワードが含まれるケースも存在する。しかし、これらの情報は全てAppleによって暗号化され、アクセス不可能となっている。

もし、iCloudバックアップ機能によってAppleサーバーに保管したくなければ、自分のMACやPCで、 「iTunes」で暗号化してバックアップすることをすすめる。他社のクラウドストレージサービスはAppleサーバーより安全とも言えない。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
iCloudバックアップは安全ではない なぜ?この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。