土曜日 , 20 10月 2018
Home » IT » 中国ーChinaUnicom加入者 月26万ペースで減少

中国ーChinaUnicom加入者 月26万ペースで減少

2015年度のChinaUnicom(中国聯通)業務成績が発表された。11ヶ月連続の加入者減少となり、現在の加入者数は2.87億人、月平均26万人減の営業業績が低迷していることが分かった。

中国聯通が公表した2015年1月31日迄の加入者は3.99億人。一月で8.3万人の増加としているが、2015年12月31日までのデータからは加入者2.87億人となっている。2015年の一年間で1200万人の加入者が流出している。

中国聯通関係者によると「FDDの免許交付の遅れが顧客流出に大きく関係している。またブラックカード、実名制度やマーケティングマネジメント費用の上昇が主な原因」と話す。

中国三大キャリア

中国移動(China Mobile)

中国聯通(China Unicom)

中国電信(China Telecom)

2016年2月27日、中国工信部は中国聯通と中国電信の両キャリアに対しFDD(4G)の免許を正式に交付したことを公表。中国移動は引続きTD-LTE一本で運営する。

これで中国三大キャリアとに4G時代へ移行したことになる。

 

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ーChinaUnicom加入者 月26万ペースで減少この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。