日曜日 , 27 5月 2018
Home » ニュース » 中国ー河北省武漢市 地下鉄手荷物検査拒否女性 3日間勾留

中国ー河北省武漢市 地下鉄手荷物検査拒否女性 3日間勾留

2月3日、中国河北省武漢市の地下鉄で手荷物検査を拒否した女性を3日間勾留する出来事があった。

午前8時27分頃、武漢市江漢路地下鉄駅二号線で、会社に遅れそうになった26歳の女性は手荷物検査を拒否し、ホームへ逃げ込もうとした際に追いかけてきた検査職員に対し、顔に張り手をくらわせたため、駆けつけた警察官に拘束された。

彼女は「普段カバンを開けても中身を見ようともしないのに、今日はなんでこんなに厳しんだ」とイライラ。

「今は春節期間中につき、カバンの中身も必ず確認すると会社規定に沿っただけ」と話す。

「彼女は会社に遅刻しそうになり、手荷物検査を拒否。検査をすればこんな面倒なことにもならなかったはず。彼女自身も反省しているようなので、今回は3日間の勾留となった」と語る警察官。

 

CCTVカメラマン手荷物検査拒否 停職処分

1月20日から新疆で第十三回全国冬大会が開催された。

事件が起きたのは22日、会場入口の荷物検査にCCTVカメラマンが拒否した当時の映像がネット上に流れ、拡散された。

これを重く見たCCTV当局は彼に対し停職処分を表明した。

 

以下CCTVカメラマンと手荷物検査員の対話

検査員;「次、先生(男性に対しての尊敬語、女性の場合は「女士」)、私達の検査にご協力ください」

カメラマン;「俺寒い、俺寒い、俺寒い」

検査員:「私達の荷物検査はコートも脱ぐよう規定されてます。それ以外の手荷物は全てX線検査を行います」

カメラマン:「X線通すのか、俺風邪引いたよ、俺風邪引いたよ」

検査員:「検査のご協力お願いします」

カメラマン:「ズボンも脱ぐにか、靴も脱ぐのか、靴下も脱ぐのか」

検査員:「現在の所はコートだけでいいです」

カメラマン:「俺寒い、俺は寒いと伝えたからな、俺寒い」

カメラマン:「検査しないのか(ズボン、靴、靴下)X線検査」

検査員:「必要ありません」

検査員:「検査にご協力お願いします」

カメラマン:「検査しないのか(ズボン、靴、靴下)」

検査員:「全員に同じ検査を行っています」

カメラマン:「俺寒い」

検査員:「降りてください(検査時少し高い台に立たされる)」

カメラマン:「みんな同じか?」

検査員:「降りてもらえませんか?全て同じ基準で検査しています。」

別検査員:「検査免除証明がなければ、全て検査します。お持ちですか?」

カメラマン:「検査しろ、検査しろ、検査しろ」

検査員:「降りてください」

カメラマン:「俺寒い、どうしてくれるの」

検査員;「ご協力お願いします」

カメラマン:「もし検査しななったら、訴えてやるからなぁ」

検査員:「ご自由に、検査妨害はしないでください。お問題ありません、訴えてください」

別検査員:「検査妨害はやめてください」

カメラマンは台から降り、自分の手荷物検査中の荷物を取りに行く。

カメラマン:「おい、おい、おい。これが君たちに報復の仕方か?なぜ私の荷物を放り投げるんだよ。拾えよ、拾え!」

検査員:「なんで拾わなきゃいけないの」

カメラマン:「拾え、お前が放ったからだろう」

検査員:「私が放っていません」

カメラマン:「なら誰が放ったんだ」

検査員:「監視カメラがあります」

カメラマン;「映像持って来い」

検査員;「わかりました。みてください」

その後、カメラマンは検査員を指差し、双方口論激化する。

ネットユーザの反応

「事故なければ、検査は厳しいと言う。事故が起これば、検査が甘いと言う。こいつら同じ病気か?検査員は自分の仕事を遂行しているだけじゃないか。」

「こんな素質でも記者になれるのか」

「そんなに偉そうならアメリカの手荷物検査を受けてみろよ。とっくに顔で床掃除しているよ」

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー河北省武漢市 地下鉄手荷物検査拒否女性 3日間勾留この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー東北三省の放射線量数値公開 北朝鮮水爆実験 

9月3日午後4時の東北国境付近 …