火曜日 , 11 12月 2018
Home » IT » 中国ー2015年度中国スマートフォン市場出荷台数8%増

中国ー2015年度中国スマートフォン市場出荷台数8%増

2月16日、市場調査会社(IDC)による2015年度中国市場スマートフォン出荷台数1.173億台と発表した。

去年比3%増加。増加理由はダブル休暇(春節と情人節)に関係あると話す。

関係者は「2015年市場は主に「小米(Xiaomi)」、「華為(huawei)」と「iphone」製品に注目集中した。2013年時は「サムソン」、「レノボ」や「OPPO」だった」と話す。

2011年から2015年までのTop5メーカーの伸び率
2011年から2015年までのTop5メーカーの伸び率

「小米」が市場参入した時、中国の市場はまだ発展時期で、地道な営業方式で現在では市場の大きな一部となっている。「華為」はブランドと投資のよって昨年大きな発展を遂げたと言える。しかし、中国市場ではやはりiphoneブランドに対する人気は依然高い。

Ascend Mate 7端末の発表で、昨年華為の平均売上高と販売数共に勝組となっている。華為は販売台数は増加を続けている背景には、200ドルから500ドルの端末の出荷数が伸びているからです。サムソンのハイレベル端末の出荷数にも影響を与えていると言える。

華為の出荷数は伸びているが、OPPOのR7端末は2015年の売上高は高く、華為を上回っている。

2015年の小米は中国市場でもっとも良い商機を得ていますが、平均売上額はTop5の中では最低となっている。

2015年度Top5メーカーの出荷台数(単位:百万)
2015年度Top5メーカーの出荷台数(単位:百万)
2015年度Top5メーカーの市場占有率
2015年度Top5メーカーの市場占有率
2015年度Top5メーカーの販売価格
2015年度Top5メーカーの販売価格

専門家は「2016年の中国市場は平行線になる可能性はある。経済成長の減少には影響されず、中国消費者はハイエンドスマホ端末製品を求めているため、今後のiphoneや華為の新製品に注目していきたい」と話す。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー2015年度中国スマートフォン市場出荷台数8%増この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …