金曜日 , 19 10月 2018
Home » ニュース » 中国ー酒気帯運転 法律上追求責任なし 警察呼びかけ

中国ー酒気帯運転 法律上追求責任なし 警察呼びかけ

世の中いろんなものに時効が存在するが、唯一無いのは「納税」だけと思っていたが、「酒気帯運転」し、その場で捕まらなければ、法律上追求責任ないのは初めて知った。これって中国だけ?日本はどうなんだろう。

今回は人の弱みにつけ込んだ事件。もしあなたらならどうします?

深夜、酒を飲んだ楊さんは、自家用車で帰宅する際、後ろから一台の車が追越していった。しかし相手は前方に出ると、急にスピードを落としたことにより、相手の車と接触してしまったのだ。

衝突してから数分後、一台の車がやってきた。車から三人の若者が降り、「事故?大丈夫ですか」と訪ねて来た。

会話しているうちに三人ブループの一人は「あなた、酒気帯運転でしょ。通報した方がいいね」と煽ったのだ。

このことに慌てた楊さんは交渉の末、6000元(約10万円)を相手に渡し、その場から離れた。

翌日、楊さんは納得がいかず、通報したことにより事件が発覚した。

警察の調べによると、犯行に及んだグループのリーダーは、数年前、タクシー運転主をしていた。ある日、前方不注意で相手の車の接触した。しかし、相手は酒気帯運転をしていたため、口止め料としてお金を渡されたことから、このような計画を思いついたという。

グループは10人ほど、二年間で同様の手口で約200件、約100万元(約1700万円)を荒稼ぎしていたことがわかった。

しかし、警察の証拠集めに苦労していた。なぜなら酒気帯運転した被害者は通報もせず、被害届けも出されていないからだ。

警察は「法律上では酒気帯運転に対する責任追求はない」と話し、被害者の名乗りでるよう呼びかけている。

tle_main

 

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー酒気帯運転 法律上追求責任なし 警察呼びかけこの記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …