土曜日 , 17 11月 2018
Home » ニュース » 中国ー国家開発銀行に異変 表看板一晩で撤去

中国ー国家開発銀行に異変 表看板一晩で撤去

国家開発銀行(China Development Bank )は、1994年3月に国務院による指導する直轄の銀行として誕生。

国家開発銀行は国家重点プロジェクトへ資金供給を目的とし、資金は主に国際金融市場での債権発行によって調達している。本店営業部を北京市西城区復興門内大街158号の遠洋大厦に置かれている。

全国に32支店、4出張所を持つ。2011年度の総資産額は6兆元(9910億ドル)であった。

2015年に鉄道事業に1,000億元、水利施設に9,000億元に貸付している。

しかし、2月26日の深夜に、国家開発銀行のメイン看板は覆われ、一晩で提供してしまったのだ。

一体、何が起きたのか。

場所や地理から考えると、アジアインフラ投資銀行Asian Infrastructure Investment Bank, AIIB)が正式に成立後、北京西城区金融街に本部を設置すると言っていたので、まだ本部の住所を正式に公表していないように思います。

2016年2月5日、副店長の5ヵ国は決まった以上、本部はやはり必要になってきますよね。ならここがAIIB本部になる可能性もあると言えよう。

解体された国家開発銀行の看板
解体された国家開発銀行の看板
解体された国家開発銀行の看板
解体された国家開発銀行の看板
解体された国家開発銀行の看板
解体された国家開発銀行の看板
twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー国家開発銀行に異変 表看板一晩で撤去この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …