火曜日 , 19 6月 2018
Home » ニュース » 中国ー人民元以外にも4種の流通紙幣が存在

中国ー人民元以外にも4種の流通紙幣が存在

中国の流通紙幣と言えば「人民元」ですが、人民元の他にも流通可能紙幣は4種存在していた。それは「記念紙幣」です。

 

人民元以外の流通紙幣4種類とは

1、1999年に「中華人民共和国成立50周年記念紙幣」50元紙幣6000万枚発行。

中華人民共和国成立50周年記念紙幣
中華人民共和国成立50周年記念紙幣

 

2、2000年に「迎接新世紀記念紙幣」100元紙幣1000万枚発行。「龍紙幣」とも呼ばれる。

迎接新世紀記念紙幣
迎接新世紀記念紙幣

 

3、2008年8月、第29回夏季北京オリンピック

中国標準時2008年8月8日午後8時から開始された北京オリンピックを記念した紙幣。10元紙幣600万枚発行。全部で4セット発行されている。人民元版、香港版、マカオ版に硬幣。

北京オリンピックを記念紙幣
北京オリンピックを記念紙幣

発行された記念紙幣の中でもっとも人気が高く、現在は原価の500倍の値が着いている。

 

4、2015年11月26日に発行された「中国航天記念紙幣」。100元札3億枚発行。

中国航天記念紙幣
中国航天記念紙幣

なぜ今回、記念紙幣の記事を書いたかというと、2015年に発行された「中国航天記念紙幣」は発行枚数が膨大なため、コレクション愛好家の間では人気はなく、発行当時は100元札約150元の値が着いたが、最近では100.1元となっている。

銀行に貯金したくても銀行側から拒否される事件も発生したことにかんして、中国政府は「これら記念紙幣は法定紙幣であり、流通可能紙幣でもある。」と、各銀行窓口での預け入れが出来るよう正式声明を出す事態になった。勿論これらの記念紙幣は銀行のATMでの引出し、預け入れは出来ない。

日本にも記念紙幣は発行されています。天皇陛下在位10年記念として、1万円札20万枚と500円が1500万枚発行されています。

また、麻生太郎元総理天皇皇后陛下御成婚50年記念の1万円札は発行総額約25兆円の「天皇皇后陛下御成婚50年記念」の1万円札を発行すると言っていましたが、麻生太郎元総理。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー人民元以外にも4種の流通紙幣が存在この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー建設中の宇宙ステーションはなぜ”国際”の文字がないのか

2011年に9月より試験機の打 …