水曜日 , 17 7月 2019
Home » ニュース » 中国ーベンツ 白砂糖を原料にした車種開発か

中国ーベンツ 白砂糖を原料にした車種開発か

この記事のタイトルをどう思いますか。
クリックしたくなるタイトル、また、記事内容と無関係な内容を大げさなタイトルを付けクリックさせる中国ウェブサイトが蔓延しています。
このようなやり方を「標題党」と呼ばれています。

−−−本記事−−−
2015年7月、武漢市龍陽大道でにあるベンツ4S店(カーディーラー)でベンツC200を31万元(約550万円)で購入した。

ベンツ C200
ベンツ C200

2016年1月16日、最初の車検のため、彼女は河北省荊門市から購入した4S店のある武漢にやってきた。車を渡して一時間後、引き取る際に、整備員からエンジンないに白砂糖が入っているため、エンジンを分解洗浄するには自費修理となると告げられた。

女性は警察へ通報し、証拠のために写真も数枚撮った。彼女は「白砂糖を混入したのは4S整備員に違いない。もし、4Sに引き渡す前に自分が白砂糖を混入していたらこの長距離では走って来られなかった。また、白砂糖を混入するには、車のキーやエンジンに熟知した技術がなければ出来ないことだ」と話す。

エンジンのフィルター内のビッシリと付着した白砂糖
エンジンのフィルター内のビッシリと付着した白砂糖
エンジンからも大量の白砂糖
エンジンからも大量の白砂糖

混入された白砂糖はおよそ500g。エンジンのフィルター内のビッシリと付着しており、オイルからも大量の白砂糖が出てきた。

整備工場には監視カメラはなく、警察側は第三者による専門機関の検定と相互話し合いで解決するよう薦めているという。

 

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ーベンツ 白砂糖を原料にした車種開発かこの記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …