木曜日 , 18 10月 2018
Home » ニュース » 中国ー2017年から固定資産税5000元増税か 

中国ー2017年から固定資産税5000元増税か 

全国人大財政経済委員会副主任は第十回『中国経済成長と周期』で固定資産税の草案を書き起す仮定で操作性の難度を強調した。

三中全会で提示した固定資産税の立法と環保税の改税内容で、今年の全人大では環保改税が立法されたが、固定資産税方案は今でも草案段階と言う。

今後の固定資産税は主に不動産税が主体となり、城镇土地使用税(課税地域の土地使用者に課税する税。土地の活用活性化を目的とする。)と合併方式になる予定。
税収方法は国際基準を参考に実施する。100万元(約1500万円)毎に毎年5000元(76000円)の税が新たに課税される見通しとなっている。

中国ー2017年から固定資産税5000元増税か

ユーザー:増税は世界基準を参考にするが、海外では固定資産は永久権なのに、どうしてここだけは参考にしないのか。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー2017年から固定資産税5000元増税か この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …