月曜日 , 28 5月 2018
Home » ニュース » 中国ー数十名市民狂犬に咬まれる 北京市

中国ー数十名市民狂犬に咬まれる 北京市

9月20日正午から、北京市中心街に位置する永安里、光華路と建外SOHO一帯で、身長40cmくらいの白犬に数十名の市民が咬まれる事件が起きた。

狂犬に噛まれた市民ワクチンを注射待ち

狂犬に噛まれた市民ワクチンを注射待ち
狂犬に噛まれ、ワクチン注射待ちする市民

噛まれた保管員のは「午後2時ごろ、白狗が突然自分の背後に現れ、足首に噛みつき、噛み付きながらズボンを裂こうとしていた」と話す。

噛まれた子供の父親は「帰宅途中の子供が突然犬に噛まれた。噛まれた時間帯は午後5時頃。場所は広渠門外」と話す。

実は9月12日にも北京信息科技大学清河校舎付近で、12人が噛まれた事件が起きている。噛まれた人によると今回の犬と似ていると話す。
数十名市民狂犬に咬まれる
二件合わせて30名以上噛まれたことになるが、未だ白犬は捕獲されていない。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー数十名市民狂犬に咬まれる 北京市この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー東北三省の放射線量数値公開 北朝鮮水爆実験 

9月3日午後4時の東北国境付近 …