日曜日 , 27 5月 2018
Home » ニュース » 中国−ウルムチ航空着陸後もタイヤが無いことに気づかず

中国−ウルムチ航空着陸後もタイヤが無いことに気づかず

2017年5月16日、ウルムチ航空のボーイング737−800型、ウルムチ空港から鄭州空港行きのUQ2537便が着陸し、飛行機は登場口で乗客を全員降ろしたあと、機体点検時に左翼のタイヤが一つ無くなっていることに気がついたという。


無くなったタイヤは滑走路で発見された。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国−ウルムチ航空着陸後もタイヤが無いことに気づかずこの記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー東北三省の放射線量数値公開 北朝鮮水爆実験 

9月3日午後4時の東北国境付近 …