水曜日 , 21 2月 2018
Home » ニュース » 中国−天津埠頭でまた大規模火災

中国−天津埠頭でまた大規模火災

二年前(2015年8月12日)にも同じ港で大規模爆発が発生した記憶にあたらしい人も少なくないと思いますが、再発防止出来なかったことは本当に残念に思います。

2017年5月31日、天津市浜海新区天津港4号路にある新南紙業会社内の敷地で大規模火災が発生した。
周りには民家や企業はなく、約7400平方メートルに1万トンの古紙を保管していた。

発表した内容によると、火災発生したのは5月31日19時20分、6月1日早朝3時沈下。消火活動は約8時間も行われたことになる。

事件発生後、慌てた天津市委書記や市長は現場入りし、消火活動の指導にあたったとされる。

また、火災発生の一日前に、天津現地メディアは『浜海新区の緑化発展理念建設の向上意識の住みやすくなった天津市の現代化』の中で、「昔の山積みとなっていた貨物は綺麗に整理整頓され、道端には石炭の燃え殻も見かけなくなった。道路の両側には新しい緑色の芽が生え、これは運送方式の変化と環境保意識の向上だけでなく、背後には港運営の努力が見える」。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国−天津埠頭でまた大規模火災この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー国産C919初飛行テスト

更新2017年5月5日(午後4 …