水曜日 , 21 2月 2018
Home » ニュース » 中国ー春節切符各地で偽造販売を摘発

中国ー春節切符各地で偽造販売を摘発

2018年の春節は2月15日大晦日となるため、1月3日から前売り開始が始まった。
毎年帰郷して新年を迎える中国の大移動はニュースでよく取り上げられているが、毎年切符購入に苦労する人の心理を突いた詐欺が全国各地で起きていることがわかった。
2012年から実施開始した実名(身分証提示)購入する法律が執行されたにもかかわらず、早く、安くチケットをゲットしたい人は正規の場所で購入せず、偽造チケットの蔓延は毎年巧妙になり、各地で販売されているのが実情です。
まず、1月3日からチケット販売開始から今日まで各地で摘発された偽造チケットについてレポートします。

1月11日までに北京鉄道公安局による摘発件数は19件、逮捕者23人、偽造チケット1900枚。チケット総額の公表されていない。

1月6日、河北省石家荘で偽造チケット70枚摘発。

1月8日、天津鉄道公安局は1600枚の偽造チケット摘発。チケット総額45万元(約770万円)

1月10日、南京鉄道公安局はパソコン1台、プリンター3台、偽造チケット182枚と未完成チケット2033枚を摘発した。チケット総額は10万元(約170万円)、容疑者は刑事拘留し、取り調べ中とのこと。

これくらいの情報でもわかるように、実名でも防ぐことのできない春節チケット問題。中国へ行く場合は正規販売場所で購入するようにしましょ。

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー春節切符各地で偽造販売を摘発この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー国産C919初飛行テスト

更新2017年5月5日(午後4 …