土曜日 , 17 11月 2018
Home » ニュース » 中国ー環保部、華北地区のPM2.5に関する調査報告

中国ー環保部、華北地区のPM2.5に関する調査報告

12月14日、中国環保部による華北地区22都市(区)の環保総合監査結果を発表した。

北京、天津を除く華北地区(北京市、天津市、河北省、山西省、内モンゴル自冶区(中部))による石炭による消費資源の90%を占め、全国の平均水準を大きく超過している。

華北地区の環境汚染(PM2.5)は石炭消費によるのが主因と伝えた。全国のPM2.5 濃度を大幅に超過し、PM2.5 濃度を悪化したに要因は石炭が61%を占める。

2014年度の全国石炭消費は42億トン。火力発電は19.4億トン、非電力22.6億トンとなっている。

火力発電の設備は整っているため、非電力による22.6億トンの放出した汚染物がPM2.5を悪化していると言う。

その他の監査報告によれば、多くに地域では計画はあるが、措置を行っていない。部署はあるが、起動していない。審査はあるが、誰も責任を問わないという仕事形式の流れるを引き起こしている。

 

 

twitter Facebook Google+ Hatebu Line Feedly Pocket
中国ー環保部、華北地区のPM2.5に関する調査報告この記事ページのQRコード

About サイコロ

サイコロ
【ご協力お願いします】 「はてブ」へのシェアとご賛美に是非ご協力お願いします。

Check Also

中国ー天津市でビル火災 10人死亡5人治療中 副市長謝罪会見

2017年12月1日午前4時7 …